生え際がヤバイ!ストレスを抱える前に実践したいハゲないためにすべきこと | Mメディアin岡山

生え際がヤバイ!ストレスを抱える前に実践したいハゲないためにすべきこと

01

気が付きそうで意外と気がつかないのが、生え際の薄毛です。生え際がピンチに陥る原因はさまざまですが、この部分は頭部のどの部分よりも薄毛が進行するスピードが速いといわれています。そのため早いところ手を打っておかないと、のちのちになって後悔することになることも。

しかし、焦る必要はありません。生え際がヤバイ状態になっていたとしても、その原因をしっかりと探り、適切な対処を行うことにより、改善の道は開かれます。

生え際がヤバイ!原因はなに?

薄くなってきた生え際、その原因はいったいどのようなところにあるのでしょうか。生え際が薄くなる原因として考えられるのは、普段の生活習慣とAGAです。

生活習慣

あなたは今、次のような生活を送ってはいないでしょうか?

・慢性的な寝不足が続いている
新しい細胞は、私たちの睡眠時間中に作られ、日々古い細胞との入れ替わりが行われています。そして、新しい細胞の生成には成長ホルモンが必要です。

しかし、慢性的な睡眠不足が続いてしまうと、成長ホルモンの分泌量が減り、髪を作り出す細胞の生成が遅れます。

・食事の内容が偏りがち
髪の主成分はケラチンというタンパク質です。そのため、タンパク質の摂取量が少なければ、髪の元である毛母細胞の生成量が減り、薄毛を引き起こす原因になります。

さらに、タンパク質をより効率的に体内に吸収させるためには、ビタミン類の力を借りなければなりません。これにより、ビタミン類の摂取量が極端に少ないと薄毛になることがあります。

・ストレスでいつもイライラしている
ストレスある生活を送り、イライラしている時間が増えると、自律神経のバランスが崩れて男性ホルモンの分泌量が増えます。さらに、ストレスホルモンが分泌されてくると、体内に蓄積されていた亜鉛の消費量が増え、これによって生え際がヤバイ状態になってしまうことがあるでしょう。

・喫煙
喫煙は体内の活性酸素量を増やす原因になります。これによって体内の元気な細胞が傷つけられてしまうと、薄毛が起こることがあるため、注意しなければなりません。

また、喫煙は血管の委縮の原因になったり、ビタミンCの破壊につながります。禁煙をするか、できる限り喫煙本数を減らす工夫が大切です。

・アルコールの過剰摂取
アルコールは肝臓で分解されますが、その際には「アルデヒド」という毒性を持った物質が生成されます。そして、この物質の代謝には大量のアミノ酸やビタミン類が必要になりますので、頭皮が栄養不足に陥る原因になり、生え際がヤバイ状態になることがあるでしょう。

アルコールの摂取はほどほどにしてくださいね!

AGA

男性型脱毛症の状態をAGAと呼び、生え際がA型またはM字型に後退します。それと同時に、頭頂部がO型に薄くなっていくこともあり、いずれの場合も、放置して改善する見込みはまずありません。

AGAは加齢によって起こりやすくなりますが、遺伝の影響も強く受けると考えられています。

抜け毛の根元はどのような状態になっていますか?

健康な髪が抜けると、根元部分には丸くて白い膨らみがあります。このような抜け毛は、毛周期によって自然に抜けた髪ですので心配ありません。

一方で、根元部分が細く尖っていて、なおかつ髪そのものが細く弱々しい状態になっているのであれば、単なる生活習慣による抜け毛ではなく、AGAの始まりであると考えることができます。

これはアブナイ!と思ったら

生え際の後退は、早い段階でケアすることにより食い止めることができます。

シャンプー&育毛剤でケア

シャンプーは、あまり強い洗浄成分が配合されたタイプを選ばずに、アミノ酸系の頭皮と髪に優しいタイプほ選ぶといいでしょう。そして、シャンプー時には爪を立てず、指の腹で頭皮ほ軽くマッサージする要領で洗い、時間をおかずに素早く流してください。

また、頭皮の血行促進に効果的とされているのが育毛剤です。医薬部外品の育毛剤でケアをしてみましょう。

美容外科クリニックでの治療

02

単なる抜け毛であれば、シャンプー&育毛剤のケアで対応することができますが、AGAとなると話は別です。

抜け毛の根元部分を確認してみてAGAの疑いがあるのであれば、まずは美容外科クリニックでカウンセリングを受け、必要に応じて治療を開始することが望ましいといえるでしょう。

おわりに

生え際がヤバイ!と感じたのであれば、まず、生活習慣の中に原因が隠されていないかどうか、確認してみてください。生活習慣が災いして起こっている生え際のピンチであれば、ちょっとした工夫を生活の中に取り入れることにより、食い止めることができると思います。

しかし、AGAの場合、生活習慣を改善したり、シャンプーや市販の育毛剤で対処したくらいでは、改善を見込むことができません。

もしかすると、これはAGAかも…と感じたのであれば、現在の状態が悪化してしまう前に美容外科クリニックに相談し、早めに治療を開始することを検討しましょう。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

薄毛を改善するなら美容外科クリニックへ!

薄毛は年齢を問わず起こる現象で、それが起こる原因は人それぞれです。 今回はAGA(男性型脱毛症)を中心としたお話ですが、AGAだとあなたご自身が思い込んでいても、それがAGAではないこともありま

続きを読む

M字はげの進行を食い止めるのは難しい?生え際が後退してしまう原因と対策方法について

短髪の方であればすぐに気がつくことができても、前髪を長く伸ばしている方の場合は気づきにくい、それがM字はげです。 M字ハゲに気付くタイミングは人それぞれですが、最も多いのはシャンプー時の抜け毛の

続きを読む

未成年でも受けられる?歳を取りすぎてて手遅れなんてことはない?薄毛治療の年齢制限について

薄毛は、年齢を問わず、男性を悩ませる問題です。また、薄毛といえば中高年以降に起こりやすいイメージがありますが、近年では若年層の中にも薄毛に悩まされている方が増えてきているともいわれています。 一

続きを読む

辛い肩こりはこれで解消!美容外科クリニックの肩こり治療

頭の奥がズキズキと痛む、首の後ろが重りをつけたように重くてだるい、目が疲れやすくなったなどは、私たちが日常生活を送る中で、現れやすい症状です。 ですが、慢性的にこのような症状が現れているのであれ

続きを読む