薄毛と遺伝の関係について|岡山中央クリニック

0120-088-490受付時間:9:30−19:00診療時間:10:00−18:00

カウンセリング予約 メール相談

薄毛と遺伝の関係について

 

同じように歳を重ねているのに、ハゲる人とハゲない人の違いは何なのか?

 

薄毛の原因は色々ありますが、第一に思い浮かぶのは「遺伝」との関係ですよね。

 

父親、祖父、ご兄弟に一人でもハゲている人がいれば、将来の薄毛を心配するのも当然のことです。

 

薄毛になるのかorならないのか?は本当に遺伝が影響しているのでしょうか?

 

今回は薄毛と遺伝の関係性についてお話しします。

 

 

 

男性型脱毛症(AGA)は遺伝の影響がある

男性の薄毛の場合、男性型脱毛症、いわゆるAGAを発症しているケースがほとんどです。そしてAGAは遺伝の影響があると言われています。

 

AGAは、男性ホルモンであるテストステロンが酵素5αリダクターゼと合体することで、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換され発症するといわれています。

 

 

このジヒドロテストステロン(DHT)が抜け毛の増加を促進する主犯格です。

 

では、いったい何が遺伝するのか?

 

実は前述した「5αリダクターゼの活動量」には個人差があると言われており、その活動量は遺伝の影響があることから薄毛遺伝子の一つとされているのです。

 

 

 

母親から受け継がれる薄毛遺伝子「アンドロゲンレセプター」

 

薄毛遺伝子は実はもう一つあります。「アンドロゲンレセプター」というホルモンを感知する器官です。

 

この「アンドロゲンレセプター」は毛乳頭に存在する器官で、ジヒドロテストステロンを感知するとヘアサイクルを乱し、薄毛を発症させると言われています。

 

そして「アンドロゲンレセプターの感受性の高さ」にも個人差があります。 この個人差が遺伝情報として染色体に組み込まれているというわけです。

 

しかもその遺伝情報は、X染色体にだけ存在することから、薄毛遺伝は母親から受け継がれるものだということが研究者たちの長年の薄毛研究によって明らかにされました。

 

つまり、薄毛に直結する遺伝子は母親に存在しているのです。

 

ですから、もしも母親や母方の祖父、母方の兄弟に薄毛の人がいる場合、薄毛になる確率が通常より高いと考えてよいかもしれません。

 

しかしながら、全ての薄毛遺伝が母親側にあり、父親の薄毛遺伝子は全く関係ないとは言えません。

 

また、薄毛は生活習慣の乱れや、ストレス、喫煙、運動不足など様々な要因が関わってくるので、薄毛の原因が遺伝だけと考えるのは間違いです。

 

 

 

心配な方は遺伝子検査がおすすめ

ご自身の身体に薄毛遺伝子が存在しているかどうか知りたい方は、遺伝子検査を受けるという選択があります。

 

薄毛治療において、何よりも重要なのは早期の原因確定と早期の治療開始です。

 

遺伝子検査によって薄毛遺伝子の存在を早期に知る事ができれば、AGAの適切な早期治療が可能になります。

 

家系に心当たりがあり、心配な方は早い段階での遺伝子治療をおすすめします。当院でも遺伝子検査を行っておりますので、ぜひ専門医のいる当院へ一度ご相談ください。

 

ここでは皆様のお役に立てるような豆知識をお話していきたいと思います。

 

薄毛や抜け毛でお悩みの方、まずは無料カウンセリングでお待ちしております。

 

 

 

記事監修:岡山中央クリニック 院長 横溝 智

クリニック案内

住所
〒700-0026 岡山県岡山市北区奉還町1丁目2-1MKビル1F
(JP岡山駅から徒歩3分)
電話番号
0120-088-490
診療時間
10:00 – 18:00 (完全予約制 )
受付時間
9:30 – 19:00 (年末年始除く)

岡山中央クリニック当院は完全予約制となっております。お電話・インターネットよりお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ0120-088-490
  • インターネットでのお問い合わせカウンセリング予約 メール相談

診療内容

AGA・薄毛

AGA・薄毛について
毛髪再生治療
AGA、薄毛治療薬

男性器の悩み

包茎手術
ペニスを大きく太く
早漏対策
短小改善(長茎術)
性生活改善
避妊手術
ED(勃起不全)
ペニスぶつぶつ除去
湾曲(屈曲)ペニス
性病(性行為感染症)
  • シニア特集
  • スタッフブログ
  • @okayamachuoh
  • Facebookもチェック
  • 保護者同意書
  • 配偶者同意書
  • @okayama-chuoh