薄毛の予防はシャンプーから!そのシャンプー方法、間違っていませんか?

0120-088-490受付時間:9:30−19:00診療時間:10:00−18:00

カウンセリング予約 メール相談

薄毛の予防はシャンプーから!そのシャンプー方法、間違っていませんか?

最終更新日:
公開日:

シャンプー

 

良質なシャンプーとは、洗浄力が高いシャンプーだと思っている方がたくさんおられます。たとえば、高級アルコール系シャンプーは汚れ落ちが抜群ですし、”高級”と名がつくからには、さぞかし素晴らしい成分が配合されているに違いない…と思ってしまいがちですね。

 

しかし、『一概に洗浄力が高い・高級である』シャンプーが良質なシャンプーであるとは限りません。というのも、ここでいう”高級”とは高品質という意味ではなく、配合されているアルコールの分子中の炭素が6つ以上という意味を持っているからです。

 

つまり、高級シャンプーは洗浄力が高いばかりに頭皮への刺激が強すぎることがあり、薄毛の予防には不向きなシャンプーということになります。

 

シャンプーの選び方と正しいシャンプー法

 

高級アルコールは、市場に出回っているシャンプーの中でも高いシェアを誇っています。一方、頭皮の健康を考えた場合、あまりおすすめすることができません。

 

では、頭皮の健康を考えるのであれば、どのようなシャンプーを選ぶべきなのでしょうか?まず、洗浄成分の配合量がそれほど多くなく頭皮への刺激が少ない、アミノ酸系シャンプーを選ぶといいでしょう。

 

また、育毛剤を使用するのであれば、その浸透を妨げる可能性のあるシリコンが配合されていないシャンプーを選ぶことが望ましいといえます。その際には、なるべく同メーカーのシャンプーを選ぶといいでしょう。

 

ですが、せっかく頭皮に優しいシャンプーを選んだとしても、シャンプー方法を間違えてしまったら元も子もありません。シャンプーは、以下の手順を守って力を入れずに優しくやってみるを心がけてくださいね。

 

1.髪が長い方は、ブラシで髪のもつれをほぐしておく

2.ややぬるいお湯のシャワーで予洗いする

3.シャンプーを手に取ったら、手のひらの上で泡立てる

4.頭皮と髪にシャンプーをつけて、指の腹で頭皮をマッサージするように洗い、泡を全体に広げる

5.シャワーでしっかりと洗い流す

6.タオルドライ後、ドライヤーで頭皮まで乾かす

 

特に頭皮に痒みが出ているときには、ついつい爪を立てて洗いがちですが、頭皮を傷つけてしまう恐れがあります。頭皮には絶対に爪を立てないこと、これは重要です。

 

頭皮のSOSサインを見逃すな!

 

頭皮に優しいシャンプーを使用して正しい方法でシャンプーをおこなったとしても、頭皮がSOSサインを出したのであれば、これを見逃すことなく適切な治療を受けることも大切です。

 

頭皮の色がおかしい

 

頭皮が青黒いまたは赤黒い状態は血行不良、茶色い場合には頭皮の乾燥の疑いがあります。

 

頭皮にこのような症状があらわれた場合、まずは頭皮マッサージと適度な運動をおこなってみるといいでしょう。頭皮の乾燥は、アミノ酸系のシャンプーの使用によって改善効果が期待できます。

 

頭皮が硬い

 

頭皮が栄養不足になっていると考えられます。この状態を放置していると抜け毛が増えることがありますので、薄毛にならないために、なるべく早く専門的な治療を開始するのが望ましいといえるでしょう。

 

また、食事からさまざまな栄養素をまんべんなく摂取することも大切です。

 

フケがポロボロ出る

 

粉っぽいフケは頭皮の乾燥によるものであることが多く、脂っぽいフケが大量に出る場合、脂漏性皮膚炎の可能性が考えられます。頭皮を清潔に保つことを心がけるとともに、抗生剤などによる専門的な治療が必要です。

 

薄毛の兆候がみられたら?

 

薄毛治療

 

上記のような頭皮のSOSサインだけではなく、すでに薄毛の兆候がみられるのであれば、美容外科クリニックでの治療を検討してみるといいでしょう。

 

内服薬治療

 

ミノキシジルやプロペシアなどの内服薬治療で、薄毛の進行を遅らせることができます。

 

HARG療法

 

内服薬が体質に合わない場合におすすめしたいのが、成長因子などの成分を頭皮から毛根に送り込むHARG療法です。

 

おわりに

 

薄毛の兆候がみられたら、まずは現在使用しているシャンプーの種類を確認してみましょう。それが高級アルコールシャンプーであれば、ひとまずアミノ酸系シャンプーに切り替えて様子をみることをおすすめします。

 

また、頭皮がSOSサインを出しているのであれば、なにはともあれ頭皮環境を整えることが大切です。

 

なお、薄毛の兆候がみられるのであれば専門的な治療が必要な状態になっている可能性が考えられます。ひとまず岡山中央クリニックでカウンセリングを受けて、薄毛治療を前向きに検討することが望ましいといえるでしょう。

 

 

 

記事監修:岡山中央クリニック

クリニック案内

住所
〒700-0026 岡山県岡山市北区奉還町1丁目2-1MKビル1F
(JP岡山駅から徒歩3分)
電話番号
0120-088-490
診療時間
10:00 – 18:00 (完全予約制 )
受付時間
9:30 – 19:00 (年末年始除く)

このページの監修医師

院長 橋本 晃典

  • 【経歴】
  • 2019年3月福岡大学医学部医学科 卒業
  • 2020年4月社会保険田川病院
  • 2022年4月福岡大学病院 形成外科・美容外科
  • 2024年1月岡山中央クリニック 院長就任
  • 【資格・所属学会】
  • 日本形成外科学会 正会員
  • 日本美容外科学会 正会員
  • ボトックスビスタ 認定医
  • ジュビダームビスタ 認定医

院長の詳しい紹介はこちら

当院の医療広告ガイドラインへの対応について当院では、厚生労働省より2018年6月に改正・施行された「医業若しくは歯科医業又は病院若しくは診療所に関する広告等に関する指針」 (医療広告ガイドライン)を遵守し、医療広告ガイドラインに沿ったホームページの運用をしております。


医療広告ガイドラインについて詳しくはこちら→

岡山中央クリニック当院は完全予約制となっております。お電話・インターネットよりお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ0120-088-490
  • インターネットでのお問い合わせカウンセリング予約 メール相談

診療内容

AGA・薄毛

AGA・薄毛について
毛髪再生治療
AGA、薄毛治療薬

男性器の悩み

包茎手術
ペニスを大きく太く
早漏対策
短小改善(長茎術)
性生活改善
避妊手術
ED(勃起不全)
ペニスぶつぶつ除去
湾曲(屈曲)ペニス
性病(性行為感染症)

男の美容

  • シニア特集
  • スタッフブログ
  • @okayamachuoh
  • 保護者同意書
  • 配偶者同意書
  • @okayama-chuoh