将来の介護に備えて包茎手術はしたほうがいいの?|岡山中央クリニック

0120-088-490受付時間:9:30−19:00診療時間:10:00−18:00

カウンセリング予約 メール相談

将来の介護に備えて包茎手術はしたほうがいいの?

50代男性です。最近シニア層でも包茎手術をする人が多くなってきたと話を聞きました。介護されるようになった時に看護師さんや介護士さんに見られるのが恥ずかしいからという理由のようです。今まで包茎であることをあまり気にしていませんでしたが、将来の介護に備えて、手術はするべきなのでしょうか?

厳密にいつまでにという基準はありませんし、「仮性包茎」であれば手術をしないといけないということもありません。

必ずしも必要とは言いません、

ご状態によりけりかと思います。

真性包茎やカントン包茎の様に普段亀頭を出すことが難しいご状態であれば、炎症の原因になりますし、衛生上の問題から手術をお勧めしていますが、仮性包茎であれば見た目の問題で手術する必要はありません。

確かに介護に備えてという理由で手術に来られる方は多いですが、当院では理由をお聞きするなど十分にお話をさせていただいた上で手術をさせていただいています。

そもそも看護師さんや介護士さんは、見た目の問題など気にしていない方が多いようです。 気にしていたら仕事にならないということのようです。

見た目だけを気にされているのでしたら、お考え直しいただいた方がいいかもしれません。

ただし、加齢と共に皮膚が弱くなり炎症が起こりやすくなったり、臭いが籠りやすくなることはあります。

そのような場合は手術を検討されても良いと思います。

もちろん、どうしても見た目も気になるという方には手術も行っておりますのでお気軽にご相談ください。


カウンセリングのご予約はこちらから→







記事監修:岡山中央クリニック 院長 横溝 智

クリニック案内

住所
〒700-0026 岡山県岡山市北区奉還町1丁目2-1MKビル1F
(JP岡山駅から徒歩3分)
電話番号
0120-088-490
診療時間
10:00 – 18:00 (完全予約制 )
受付時間
9:30 – 19:00 (年末年始除く)

岡山中央クリニック当院は完全予約制となっております。お電話・インターネットよりお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ0120-088-490
  • インターネットでのお問い合わせカウンセリング予約 メール相談

診療内容

AGA・薄毛

AGA・薄毛について
毛髪再生治療
AGA、薄毛治療薬

男性器の悩み

包茎手術
ペニスを大きく太く
早漏対策
短小改善(長茎術)
性生活改善
避妊手術
ED(勃起不全)
ペニスぶつぶつ除去
湾曲(屈曲)ペニス
性病(性行為感染症)
  • シニア特集
  • スタッフブログ
  • @okayamachuoh
  • Facebookもチェック
  • 保護者同意書
  • 配偶者同意書
  • @okayama-chuoh