薄毛とタバコの関係|岡山中央クリニック

0120-088-490受付時間:9:30−19:00診療時間:10:00−18:00

カウンセリング予約 メール相談

薄毛とタバコの関係

最終更新日:
公開日:

薄毛とタバコの関係

喫煙は肺癌や心筋梗塞を誘発したり、体内の活性酸素を増加し身体の老化を促進させたりなど、健康に対して著しく悪影響を与える習慣です。


そして、喫煙が薄毛や抜け毛を促進するという話も真実です。


タバコに含まれるニコチンが、頭皮や毛髪にどのような影響を与えるのかを詳しく解説します。





タバコは頭皮の血流を悪化させる

頭皮の血流を悪化させる

タバコが抜け毛や薄毛を促進すると言われている理由はタバコに含まれるニコチンの働きにあります。

ニコチンは体内に吸い込まれると毛細血管を収縮させ、体内の血流を悪化させます。
また血管を細くし、身体の隅々にまで酸素が行き渡らないようにしてしまいます。

このことは血流と深い関わりのある頭皮にも、多大な悪影響をもたらします。

頭皮の血流が悪化すれば、毛髪を作り出す毛母細胞に栄養が行き届かなくなりますし、毛細血管が細くなれば、十分な酸素が頭皮の隅々まで届かなくなってしまい、毛髪の毛母細胞の活躍を阻害することになるのです。







タバコは脱毛ホルモンを増やす

脱毛ホルモンを増やす

タバコを吸うと男性ホルモンが増えると言われています。
中でも特に問題なのは、薄毛の原因となる脱毛ホルモンである「ジヒドロテストステロン(DHT)」を増やしてしまうことです。

AGA(男性型脱毛症)の根本原因はこの脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)にあると言われており、 DHTが過剰に増えると一気に毛根は毛髪への栄養供給をストップしてしまい、脱毛を促進してしまうのです。





タバコはビタミンCを消費してしまう

ビタミンCを消費してしまう

タバコを吸う人は肌が荒れているという話を聞いたことはありませんか。
それはタバコを吸うたびに美肌には欠かせない成分ビタミン Cを大量に消費してしまうためです。
タバコを吸うことで、肌や頭皮へビタミン Cを届けることができず、毛髪は栄養不足に陥ります。





ストレスとうまく向き合いながら禁煙を!

喫煙は百害あって一利なし!

健康な頭皮環境を保つためには喫煙習慣を今すぐ無くすことが理想です。

しかしながら、禁煙を始めたとたん、吸えないストレスで薄毛が悪化してしまった、というのは実はよくある話です。

重要なのはご自身のペースで無理なくストレスとうまく向き合いながら禁煙を行うということです。

急にではなく少しずつ節煙していく、喫煙以外のストレス発散方法を見つけるなど、ストレスを溜め込まない工夫が必要です。





ここでは皆様のお役に立てるような豆知識をお話していきたいと思います。

薄毛や抜け毛でお悩みの方、ぜひ専門医のいる当院へご相談ください。



まずは無料カウンセリングでお待ちしております。







記事監修:岡山中央クリニック

クリニック案内

住所
〒700-0026 岡山県岡山市北区奉還町1丁目2-1MKビル1F
(JP岡山駅から徒歩3分)
電話番号
0120-088-490
診療時間
10:00 – 18:00 (完全予約制 )
受付時間
9:30 – 19:00 (年末年始除く)

当院の医療広告ガイドラインへの対応について当院では、厚生労働省より2018年6月に改正・施行された「医業若しくは歯科医業又は病院若しくは診療所に関する広告等に関する指針」 (医療広告ガイドライン)を遵守し、医療広告ガイドラインに沿ったホームページの運用をしております。


医療広告ガイドラインについて詳しくはこちら→

岡山中央クリニック当院は完全予約制となっております。お電話・インターネットよりお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ0120-088-490
  • インターネットでのお問い合わせカウンセリング予約 メール相談

診療内容

AGA・薄毛

AGA・薄毛について
毛髪再生治療
AGA、薄毛治療薬

男性器の悩み

包茎手術
ペニスを大きく太く
早漏対策
短小改善(長茎術)
性生活改善
避妊手術
ED(勃起不全)
ペニスぶつぶつ除去
性病(性行為感染症)
  • シニア特集
  • スタッフブログ
  • @okayamachuoh
  • 保護者同意書
  • 配偶者同意書
  • @okayama-chuoh